忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/12 07:35 】 |
だってさ?

「憲法」…判例の出題割合は、これまで不安定であったが、出題数が増えることにより、確実に半数以上は   

      出題されるだろう。また、平成17年の記述で出題された「学説」についても、1問程度は出る可能  

      性が高い。

「民法」…平成12年の試験制度改正時からの傾向は変わらないと思われる。ただし、出題数が増えることに

      より、より広範に、また、判例中心に出題されることになるだろう。今年までは、民法はある程度捨

      て科目でもよかったが、来年以降はそうはいかないと考えておいた方がよい。

「行政法」…今までも最重要科目であったが、より一層重要度が増すだろう。司法試験から「行政法」がなく

       なって以降、「行政法」が出題される唯一の国家試験。「行政法」の教授から見れば、歴史に名

       を残せる?として、力の入った問題も出される。できれば軽めの専門書で勉強した方がよい。

「商法」…主要科目に昇格?といったところか。行政書士の先生からは、かなり前から商法の出題を増やす

      ように要望されており、今回実現される運びとなった。新「会社法」の施行は5月以降となりそうだ  

      が、出題は例外的に新「会社法」も出される。

 

とのことらしいので、これをふまえて勉強に更なる発展を加えていきたいと思います。

PR
【2006/11/14 21:10 】 | 行政書士 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<久々の更新・・・ | ホーム | ニート>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]