忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/12 07:40 】 |
国語

行政書士試験の国語の文章問題に使われている文章は、結構おもしろい文章が多いと思う。

そんな中からひとつ。平成11年の問題8。
日常のシンボル的約束の例として、日本人の「部屋」と西洋人の「部屋」の話。

日本人にとっての部屋は心理的な空間であり、
ふすまや障子で区切られているだけの空間であっても、心理的約束によって、そこはちゃんと区切られた空間であることとされ、
隣の部屋から聞こえる物音も、日本人にとってはそれは聞こえないということなんだ、という内容です。

日本人のそのような考え方、僕は好きです。



 
ここには、学生の面白ブログがたくさんありました。良かったらぜひ。

人気blogランキングへ
ここは、あの生協の白石さんのブログもランキングされてます。行ってみては?

PR
【2006/11/07 09:39 】 | 行政書士 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<聴聞会 | ホーム | 明後日から>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]